曲げ加工 ソリューションサービス

曲げ加工 ソリューションサービス

使用鋼板は適正ですか?

鋼板とひとくぐりにされがちですが、その種類は黒・酸洗・磨・ボンデ・亜鉛鉄板・ZAMなど様々な種類に分かれております。

用途はメッキ用・塗装用・耐食性・摩耗性・耐熱性など多種多様分かれておりますが、多種類が故に理解されづらく~図面に書かれているから~コストが安いから~などの理由で不適正の鋼板が使われている事を、しばしば見かけます。

適正鋼板のメリット!

適正鋼板を使うことにより、様々なメリットを生み出す事が可能になります。

例) ボンデに塗装をしているけど耐食性に不安がある。 アロイ鋼板を使う事によりボンデの何倍ものメッキ付着量も持ち、塗装用鋼板としての特性も維持しつつ耐食性を向上できます。

例) 単純に溶接・作業工程を減らしたい。 長尺があるのは黒皮だけではありません。ボンデ・304 2B HLも6mの母材がありベンダーもございます。

他にもロールではできない小径(50φ以下)ロールも、曲げ加工で対応する事が可能であり、パイプバンドなどに生かされています。

曲げ加工例写真

4m〜6mの物も曲げ加工出来ます!
曲げ加工例写真

ZAM鋼板の加工メリット

弊社では今まで加工が難しかったZAM鋼板の加工に積極的に取り組んでおります。ZAM鋼板をレーザーや曲げで使うことにより、他のメッキ鋼板に比べめっき層が硬く、平滑である為プレス加工性を上げる事もできますし、保護被膜が端面耐食性を飛躍的に向上させる事を可能にします。

私共の会社では、お客様の様々なお悩みにあわせたソリューションサービスを提供しています。是非材料の種類・加工方法といった根っこ部分からご相談下さい。

ZAM材の加工も行っております。
お問い合わせはこちら